« ダジャレ・アーカイブズ:ワンダフル! | トップページ | 悪女のツール? »

2010年3月 2日 (火)

若いねと言われるということは…

Baby女性タレントが,人に「若いわね」と言われるようになって自分が若くない歳になったことを自覚したと話していた.

確かに,“年齢の割には”,若く見える,気持ちが若い,ということだから,もっともだとうなずける.

は,子どもの頃は背が低い上に,早生まれだったから,同学年の中では子どもっぽかった.

背の低さは,小学生の6年間,クラスの背の順で1番を他人に譲ったことがないほどだ.だから,「前へならえ」で腕を前に伸ばしたことがなかった.いつでも先頭で,手は腰だった.

小学校では時折,学年全体の体育の時間があった.いつもそうではなかったのだと思うが,印象に残っているのはクラス対抗リレーである.運動会ではなく体育の時間だから,走る順番に戦略はなく,背の(低い)順と決められていた.横一列に並んだ第一走者の面々は,学年が進んでもあまり変化がなかったから,同じクラスになったことがなくても仲間意識があった.

中学校入学時に138cmだった僕だが,中学の3年間で巻き返し,なんとか男子平均身長程度まで伸びたから,前へならえで腕を前に伸ばす経験もできた.

文部科学省は学校保健統計調査結果を公表していて,調査結果の概要に最近10年ほどの結果へのリンクがある.現時点では平成20年度調査結果の概要(PDF:1115KB)が最新である.

プロ野球選手の数が年度はじめ生まれに多く,年度終わり生まれ(早生まれ)に少ないことなど,早生まれに不利な面があることは否めない.しかし逆に,早生まれは早期教育であるという考えを数年前に聞いたときには,それまではそういう観点の発想が僕にはまったくなかったから目から鱗が落ちる思いがした.早期教育には功罪両面があるだろうが,本人も気づかぬうちに自然に早期教育を受けられたことは恵まれていたと思う.

さて・・・・・本題である.

先日,とあるショッピングビルの企画で血管老化度チェックをしてみた.

抽選のはずれといえばポケットティッシュが一般的だが,今回のはずれはビューティー・エイジ・チェック券であった.脳年齢,肌年齢,からだ年齢,血管年齢の4年齢のチェックができるのだが,僕はそれまで未体験だった血管年齢だけにしてみた.

左手人差し指を測定装置に挟んで数十秒間,その結果,血管年齢は38歳であった(^_^)

暦年齢より10歳も若く出てとてもうれしかったが,ふと38という数字を見て,「10歳若くても38歳かぁ〜」と自分の年齢を久々に客観視した.気持ちは20代と思ってきたが,そろそろ30代くらいに切り替える方がいい生き方ができるのかもしれないと思った.

何事についてもそうだが,あまり極端だと却って面白くない.適度な極端や脱線が面白いのだ.

僕が今でも大事に保存しているものの中に,ナムコ・ナンジャタウンで体験したリアルエイジ測定アトラクション「若返りの秘宝」の結果シートがある.

暦年齢44歳のときの僕の“リアルエイジ”は,脳年齢23歳,運動年齢32歳,身体年齢30歳,総合年齢28歳であった(^o^) 暦年齢よりも随分高い年齢に判定されて,結果シートをすぐにゴミ箱行きにした人もいたから,そこそこ信頼できる結果だと思っている.

それから4年経ったから,僕の総合年齢は30代に突入している.これと血管年齢を合わせて考えると,そろそろ30代の気持ちとからだで生きるのがよさそうだ.

|

« ダジャレ・アーカイブズ:ワンダフル! | トップページ | 悪女のツール? »

脳・人間」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若いねと言われるということは…:

« ダジャレ・アーカイブズ:ワンダフル! | トップページ | 悪女のツール? »