« 美の謎が解けた? | トップページ | 不親切という優しさ »

2010年1月30日 (土)

B判の良さが再認識された!?

Ipad_b5_a4ノオト「AとB」(2001年7月8日)では,さまざまな場面で用いられる用紙のサイズがB5(大学ノートサイズ)から,それよりもひとまわり大きなA4に完全移行しつつあることを書いた.

そして,個人的にはB5判も使い続けたいと書いた.それから8年半を経た今でも,考えは変わっておらず,ノートはB5判を用いている.

一方,官公庁,会社,小中学校などあらゆる場面で,用紙は完全にA4判に統一されたといっていい.

ところが,面白いことに,最近アップル(Apple)から発表されたiPadのサイズが,なんとほぼB5判なのだ!
iPadはタブレットPCに分類される情報機器で,大きなiPod touch (あるいはiPhone) と考えてよさそうだ.

B5サイズは幅182cm×高さ257cmであり,iPadは幅189.7cm×高さ242.8cmであるから,ほぼ同じ大きさである.上の図(クリックで拡大)はこれらの大きさの関係を示している.

|

« 美の謎が解けた? | トップページ | 不親切という優しさ »

モノ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B判の良さが再認識された!?:

« 美の謎が解けた? | トップページ | 不親切という優しさ »