« 脳波の意味 | トップページ | ケータイを置き,街へ出よう! »

2009年12月12日 (土)

発想の転換

以前TBSのテレビ番組「王様のブランチ」で紹介されたのを見て,その発想に唸らされた.

カレンダーといえば毎年更新するものに決まっていると思っていた.

曜日,2月の末日,秋分の日などが,その年のものじゃないと役立たないものだと.

と同時に,自分の手帳を1999年から電子機器[*脚注]に移行したは,過去の出来事を瞬時に見返すことができる機能性を垣間見せては周囲の人々の関心を引いてきた.

が,その「王様のブランチ特製バースデーカレンダー」にはやられた!

日付だけが用意されたこのカレンダーに記入した人々の誕生日(などなど)は,永遠にそのままで機能する.
新しい手帳やカレンダーに書き写す必要がなく,電子手帳でイベント繰り返し設定をする必要もないのだ.
何と機能的なことか!

3年日記帳,10年日記帳というものも,日記帳として類似の発想のものだが,このカレンダーのシンプルな機能の有用性は絶賛したい.

デザインがあれほどキュートじゃなければすぐにでも購入したいところだ.

[*脚注] 最初は IBM WorkPad c3,次は SONY クリエ PEG-TJ25,そして今は….

|

« 脳波の意味 | トップページ | ケータイを置き,街へ出よう! »

モノ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発想の転換:

« 脳波の意味 | トップページ | ケータイを置き,街へ出よう! »