« ケータイを置き,街へ出よう! | トップページ | 算数と野菜にかかわる不思議(続) »

2009年12月16日 (水)

算数と野菜にかかわる不思議

Calculator脳,人間,心理に関心がある人に迷いなく薦められる本,そして僕のネタ本のひとつでもある「MIND HACKS ― 実験で知る脳と心のシステム」(引用情報の欄を参照)の内容について,2年半ぶりに会った知人Tと話をした.

プライミングの項目に,ピザと10回言わせた後で,(「ひじ」を指さして)ここは?と聞くと,つい「ひざ」と答えてしまう例が紹介されている.
(プライミングのその他の例はこちらを参照.)

英語では,ひじとひざは混乱しないはずだから,日本人に分かりやすく工夫されたいい翻訳をしてるよね,と共感した.
と同時に,算数と野菜に関するくだりは,当然のように書かれているけど理解できないね,とこちらも共感した.

子供の頃によく遊んだよね,みんな理解できるよね,というニュアンスで書かれているのは次のようなものである(Mind Hacksの内容とは一部異なります).

━━━━━━━━━━━━━━━
質問にテンポよく答えて下さい.
2+4は?
3+3は?
5+1は?
2+2+2は?
では,最初に思い浮かぶ野菜は?
━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんは何が思い浮かびましたか?
(これまで,「ノオト」ではコメントができない設定にしてきましたが,今回はコメントが可能な設定にしてみました.)

日本人にはまったく理解不能でありながら,英米人の大半の共通認識であるというこのゲーム,とても気になったので,知人Tと情報交換しながら調べてみると,詳しい解説に遭遇した.

解説には,

  • ある実験によれば66%〜90%が同じ野菜を答えること.
  • 英語を母国語とする人が相手じゃないとそうはならないこと.
  • まだ未解決の謎であるらしいこと.
などが記されている.
※ 解説Web頁はこちら (英国のサイト).

僕は,日本人がこの質問にどう答えるか調査を開始したところである.

英米人の大半の答えは人参(にんじん)だそうだ.

因みに,この質問に「なすび」と答えたある知人は,僕の調査結果を楽しみにしてくれているとのこと.

|

« ケータイを置き,街へ出よう! | トップページ | 算数と野菜にかかわる不思議(続) »

脳・人間」カテゴリの記事

ことば」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
学原資料ありがとうございました

投稿: 知人T | 2009年12月17日 (木) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数と野菜にかかわる不思議:

« ケータイを置き,街へ出よう! | トップページ | 算数と野菜にかかわる不思議(続) »