« 2つ目信号左折1.5キロ | トップページ | 錯視・オブ・ザ・イヤー »

2009年5月 9日 (土)

虹色の雲

Rainbowcloudは,歩いていてふと見上げることが多い.

足下を見るよりも見上げることの方が多い.

都市部のビル街を歩いているときには,上から何かが落ちてくるかもしれないという心配性がそうさせるのかもしれないが,自然的な場所でもそうだから,別の理由があるのだと思う.

「見上げる」は「天を仰ぐ」に近い.「天を仰ぐ」には「嘆いて、神に訴えるように顔を上方へ向ける。」(大辞泉より)という意味があるから,ため息をつく心理と似た状態なのかもしれない.

曇り一時雨,そして晴れという不安定な天候だった昨日の夕方,ふと見上げるとそこには虹色の雲があった(写真はその時撮影したもの;クリックで拡大).予期せずにいいものを見つけてうれしくなった♪

これは,「彩雲」と呼ばれているものかもしれない.

|

« 2つ目信号左折1.5キロ | トップページ | 錯視・オブ・ザ・イヤー »

脳・人間」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509304/44947868

この記事へのトラックバック一覧です: 虹色の雲:

« 2つ目信号左折1.5キロ | トップページ | 錯視・オブ・ザ・イヤー »