« 不統一な表現の違和感 | トップページ | 情報化と不安 »

2009年1月25日 (日)

四十を過ぎて,なお惑う.

Hex_vs_dec論語には「四十にして惑わず」という孔子のことばがあるが,四十を過ぎて(もうだいぶ経つが),ますます惑いが出てきたように思う.

もっとも,現代人は年齢に七掛け(0.7倍)してちょうどいいとの考え(年齢七掛説)があるようだから,まだ許容範囲だろうか?

因みに,僕は,洒落(冗談半分)で,年齢を16進数表示(cf. 十六進法)することがある.例えば40を16進数で表わすと28となり,50なら32である.これらを字面で割り算すれば,28/40 = 0.70,32/50 = 0.64 であり,おおむね七掛けになっている(左上のグラフを参照;クリックすると拡大します;グラフで点が打たれていないところは10進数では意味を持たない表記となる部分です.例:26(10進数)=1A,47(10進数)=2Fなど.).

|

« 不統一な表現の違和感 | トップページ | 情報化と不安 »

脳・人間」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四十を過ぎて,なお惑う.:

« 不統一な表現の違和感 | トップページ | 情報化と不安 »