« 20分/100円 | トップページ | 四十を過ぎて,なお惑う. »

2009年1月22日 (木)

不統一な表現の違和感

ある部屋に,次のような掲示がある.

━━━━━━━━━━
退室される前に確認をお願いいたします
○エアコンの電源は、切りましたか。
○・・・・・・・・・・・ましたか。
○・・・・・・・・・・・ましたか。
━━━━━━━━━━

これを見て,僕は違和感を覚える.見出し部分と確認項目の表現が整合していない(統一されていない)からだ.見出しが尊敬語であるのに対し,確認項目の表現はそうではない.

確認項目の方も尊敬語にするという対処法もあるが,僕には,「退室する前に確認して下さい」で始まり,確認項目はそのままの方がしっくり来る.

ことばは統一感が重要だと思う.(もちろん,巧みな使い分けは効果的で,これについては梶原しげる著「すべらない敬語」(引用文献欄を参照)に詳しい.)

【参考】敬語といえば,国の文化審議会が出した最新の敬語の指針は2007年2月2日に答申されていて,文化庁のweb頁で入手できる.これ自体はよく読んでいないが,「すべらない敬語」にその概要や考え方が紹介されている.それによれば,その答申はことばが変化するものである点を重視し,これまでの固定観念を破壊する部分もあり,いわゆる「べからず集」ではないようだ.

|

« 20分/100円 | トップページ | 四十を過ぎて,なお惑う. »

ことば」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不統一な表現の違和感:

« 20分/100円 | トップページ | 四十を過ぎて,なお惑う. »