« メタボチェック? | トップページ | 最適化戦略!? »

2008年9月15日 (月)

サンコー&サンテー

僕たちの世代が結婚適齢期だった頃(十数年前?),女性が男性に求める条件は「三高」であったが,現在では「三低」なのだそうだ! 詳しくはこの解説などを参照.

同じ国の同じ時代に生きていながら,異なる性あるいは異なる世代が日常的に使っていることばだと,まったく耳に入ってこなかったことに可笑しさすら感じる.

5〜10年ほど前に初めて,大学生の口から「シューカツ」と聞いたときにはまったく分からなかったが,現在では(不本意ながら)つい自分でも使ってしまうことがあるくらいに馴染みのある言葉になっている.(シューカツ=就活=就職活動)

ところで,「三高」と「三低」は,造語としては同じ構造をしているが,意味については,考えの方針がまったく異なっている.「三高」では,大きくあって欲しいと望む条件が3つある,つまり,他の条件はどうであれ,3条件さえよいならば満足できるという楽観に基づくのに対し,「三低」では,小さくあって欲しいと望む条件が3つある,つまり,3条件が満たされないなら(他の条件がいくらよくても)候補にあがらないという悲観に基づいている.

|

« メタボチェック? | トップページ | 最適化戦略!? »

ことば」カテゴリの記事

文化」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンコー&サンテー:

« メタボチェック? | トップページ | 最適化戦略!? »