« 分かっちゃいない | トップページ | よろしくお願いします »

2000年12月19日 (火)

マナーの時代および地域性

マナーの善し悪しは時代,地域が変われば大きく異なる.

例えば飲食し終えた容器を列車や映画館の椅子の下に置き去ることは,現代ではマナー違反だが,昭和30年代あたりまでは社会習慣だった――ようだ.一方で,現代では問題にされない食べ歩き(歩きながら食べること)は,今の老年期層にとってはおぞましい行為なのだ.

日本ではかんだガムを吐き捨てることはマナー違反だが,フランスなどでは許されている――ただし土がむき出しの部分に限るが.ヨーロッパではガムに包み紙が付いていないのが普通なのは,サービスが悪いのではなく社会習慣に照らし合わせて必要性が低いのだ.

僕(1960年代生まれ)くらいの世代でも,若年者のフレンドリーな言葉遣い(いわゆる,タメ口)は歓迎しないが,そういう僕たちの言葉遣いだって,老年期層には嫌がられているのだろうと思う.

|

« 分かっちゃいない | トップページ | よろしくお願いします »

マナー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マナーの時代および地域性:

« 分かっちゃいない | トップページ | よろしくお願いします »