« 研究発表の悪しき習慣 | トップページ | 世界にただひとつ »

1998年12月21日 (月)

検札

JR東日本の検札には怒りがおさまらない.出張へ向かう眠いところを無理矢理起こして検札するとは!
せめて次に回ってくるまでそっとしておいてくれないのか!!

その点僕の沿線の小田急線は気分がいい.ロマンスカー(*)は乗車の際に特急券の確認をするだけでその後は検札をしない.

アメリカの列車で眠っていたときにはそっとしておいてくれて,目が覚めてから検札してくれた.しかも降りる駅が近づくと教えてくれたりする(指定席の場合).

フランスやスイスでは改札すらなかった.検札もごくまれにしか回ってこない.TGVでフランスからスイスまで行ったときにも,制服を着た人たちが現れたと思ったら入国審査員だった.そこはフランスとスイスの国境だったのだ.しかも怪しげなひと以外はパスポートも要求されなかった――僕も大丈夫だった!

その代わり無賃乗車が見つかった場合の罰はかなり厳しいらしい.しかし信頼されていると思えるのは気持ちがいいものだ.

(*) 例えば西武鉄道で言えばレッドアローに相当する特急.

|

« 研究発表の悪しき習慣 | トップページ | 世界にただひとつ »

サービス」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検札:

« 研究発表の悪しき習慣 | トップページ | 世界にただひとつ »