2019年8月31日 (土)

「転がる石に苔は生えない」は、「転がる石」を肯定しているのか、否定しているのか?

サントリーの緑茶「伊右衛門」のCMで、イモトアヤコに向かって宮沢りえが、「転がる石にコケは生えへん、いうてね」と言っている。

「転がる石に苔は生えない」の「転がる石」について、は数十年来、「転がる石」を否定する、つまり「転がる石」はよくないという意味だと思い込んでいたから、そのCMで「転がる石」を肯定しているのを聞いて、焦った。

またしても僕は、長年、思い違いをしていたのか、と。

そこですぐに辞書を引いてみた。そしてホッとした。両方の意味があり、僕の知識が間違いではないと知って、ホッとした。

広辞苑のように、「転がる石」をよくないと否定する解釈を先に挙げる辞書がある:

【広辞苑 第七版】転石苔を生ぜず
(英語のことわざから)
・何事も腰を落ち着けてあたらないと、身に付くものがなく大成できない。
・常に活動している人は、時代に遅れることがない。

また、The New Oxford American Dictionary のように、"a rolling stone"=「転がる石」を否定する解釈のみを挙げる辞書がある:

【The New Oxford American Dictionary, THIRD EDITION】a rolling stone gathers no moss.
 [proverb] a person who does not settle in one place will not accumulate wealth or status, or responsibilities or commitments.

その一方で、スーパー大辞林のように、「転がる石」を肯定する解釈を先に挙げる辞書もある:

【スーパー大辞林(2013年版)】転石苔を生ぜず
・活発な活動を続けている者は,いつまでも古くならないことのたとえ。
・ 一か所に落ちつかない者は大成しないことのたとえ。

ことばは変化し続けるものだから、どの解釈も正しいといえる。

ただ、文脈なしで、「転がる石に苔は生えない」だけ抜き出すと、解釈は分かれるだろう。恐らく、僕の世代は否定の解釈と捉える人が多いのではないだろうか。

さて・・・

ことわざの解釈の話題からは離れるが、文脈次第でまったく反対の意味になることばの例を挙げて、このノオトを閉めたいと思う。

同じような例を挙げればきりがないが、一例として「こうてん」がある。

音を聞いただけでは、「好天」であるのか、「荒天」であるのかの判断はできない。文脈次第である。

|

2019年8月19日 (月)

「一転」の使い方の違和感

統合型リゾート(Integrated Resort;IR)とその中心的関心としてのカジノの誘致に関するきょう(2019年8月19日)の報道の表現に違和感を覚える。

それは、内容の問題ではなく、日本語の用法についてである。

「横浜市が、白紙から一転、誘致へ」における「一転」には違和感を覚える。

「白紙」は「中立」である。
だから、その新たな内容が「拒否」であっても「推進」であっても、「中立」からの変化に過ぎない。

「拒否」から「推進」あるいはその逆であれば、それはまさに「一転」であるが、今回の場合は「急転」などの方が相応しいだろう。

|

2019年8月17日 (土)

跳ばないその場ジャンプには、お腹まわりの引きしめ効果があるか?

【注意】

以下で紹介する「跳ばないその場ジャンプ」を試す場合には、くれぐれも転倒に注意してください。「その場」から動かないように頑張りすぎると転倒の恐れがあります。バランスを崩したら「その場」はあっさりとあきらめて、やり直してください。

【本題】
┏━━━━━━━━━━━━
が20年以上前にひらめいたものの、継続的に実践するわけではなく、まったく検証もできていませんが、可能性のあるアイデアとして、時折(数年に一度?)、知人との話の種にしてきたことがあります。

それは、ごく短く言えば「跳ばないその場ジャンプ」です。

詳しく言えば次のような運動です。

両脚を揃えるか、軽く開いて、その場で軽くジャンプを繰り返す動作をイメージしてください(この動作を「その場ジャンプ」と呼ぶことにします。)。
「その場ジャンプ」は簡単にできると思いますが、その際、着地の度に着地位置は前後左右に動いてしまうものです。
前にずれてしまったら後ろに戻し、左にずれてしまったら右に戻すというようにして、おおよそ「その場」でジャンプすることになるでしょう。
この動作を少し修正したのが「跳ばないその場ジャンプ」です。
かかとだけを上げて、つま先が地面から離れないように、跳ばないで「その場ジャンプ」を繰り返します。

「跳ばないその場ジャンプ」の難度は自由に設定できます。
かかとが少しだけ上がるようにジャンプすれば、易しい「跳ばないその場ジャンプ」になりますし、つま先が地面から離れる寸前までジャンプすれば、難しい「跳ばないその場ジャンプ」になります。

「跳ばないその場ジャンプ」と「跳ぶその場ジャンプ」(=通常の「その場ジャンプ」)を比べた場合、「跳ばないその場ジャンプ」の方が、つま先を離さない分、ジャンプの繰り返しに使うエネルギーが少なくて済むように思えるかもしれません。
しかし、実際にやってみると、「跳ばないその場ジャンプ」の方が身体全体の筋肉を使うため、むしろ、「跳ぶその場ジャンプ」よりも大きなエネルギーを要するように感じます。特に、お腹まわりや太ももの筋肉を使うように感じます。
また、普通の「跳ぶその場ジャンプ」よりも、「跳ばないその場ジャンプ」の方が、はるかに難しく感じます。

なぜ、「跳ぶその場ジャンプ」よりも「跳ばないその場ジャンプ」の方が難しい(と考えられる)かといいますと、「跳ぶその場ジャンプ」は、ずれたら戻すことの繰り返しですので、気持ちも筋肉も楽だからです。
人間の行動や思考の多くの面に共通することですが、ずれたら戻す、間違えたら修正するというのが動物としての人間の“性に合っている(しょうにあっている)”からです。
それに対し、「跳ばないその場ジャンプ」は、つま先の位置を動かしてはいけないルールで行なうため、ずれたら戻すというやり方が許されず、ずれないようにジャンプする必要があるからです。
ジャンプしてみてずれたら修正するのではなく、ジャンプ直前の身体のバランスを考慮して、瞬時に、ずれないようにジャンプする必要があるため、気持ちにも筋肉にも負担(プレッシャー)がかかるからです。

「跳ぶその場ジャンプ」を20〜30回行なうことは簡単ですが、「跳ばないその場ジャンプ」を10回行なうことは難しいと思います。

このような、僕自身による少しの動作確認と、実感と、考察に基づいて話題にしてきた「跳ばないその場ジャンプ」を継続的に実施したら、お腹まわりの引き締め効果があるのかどうか、検証するにはちょうどいいお腹まわりの僕ですが、毎年の健康診断でのお腹まわり測定ではギリギリですがクリアしているため、どうも、やる気が高まらず、検証には至っていません。
┗━━━━━━━━━━━━

【関連情報】

今年になって、ダンサーの TRF SAM 氏が提案するストレッチの中に、「跳ばないその場ジャンプ」と似たものがあることを知りました。
その名は「リズム屈伸」です。
「リズム屈伸」は「跳ばないその場ジャンプ」と比べると、よりマスキュリンでハードなエクササイズですので、少々、印象が異なりますが、根幹部分は共通しているかもしれません。

|

2019年8月14日 (水)

認識不可能な道路サイン——高速道路への誤った侵入を防止する効果はなさそう

5

画像[クリックで拡大]は、ここ数か月の間に、ある高速道路入り口の路面にペイントされたサインである。
※ 看板型の標識は以前からあったが、路面のペイントは最近のことだと認識している。

恐らく、高速道路の入り口だと気づかずに、間違って侵入する自動車(のドライバー)に、高速道路だと知らせるためのサインなのだろうが、誤進入を防止する効果はなさそうである。

なぜなら、本来の路面ペイントは、ドライバーから視認しやすいように、長く伸びた文字でペイントされるべきであるのだが、この路面ペイントは伸びが不十分であるため、静止画やビデオのストップモーションや、あるいはその表示があると分かっていれば認識可能だが、さもなければ認識不可能だからである。

が撮影したこのビデオを見ていただければ、僕の主張を理解していただけると思う。

《追記:2019-08-16》ビデオを見ていただければ分かるように、看板にせよ路面ペイントにせよ、仮にメッセージを認識できたとしても、既に高速道路への進入路に入ってしまっている。だから、間違いに気づいても引き返してはいけない。自動車の誤進入を防止するためには、もっと手前で案内しなければならない。となると、この案内は自動車向けではなく、歩行者や自転車向けなのだろうか。

|

2019年8月 4日 (日)

強調するつもりが、その反対に見えなくなってしまう‥‥赤インクの難しさ

Reddifficultynewold

ポスターや掲示の「赤色」の難しさについてである。

「黒色」を基本とする掲示において、「赤色」は、新しいうちは制作者の意図通りに強調の役割を果たしているが、月日が経つと色あせて、赤色が薄れたり、場合によってはまったく消えてしまい、その結果、強調したい肝心の点が読み取れなくなることがある。

画像[クリックで拡大]は、このように赤色が薄れてしまったポスターと、新しいポスターである。

頻繁に交換のできないポスターや掲示では、「赤色」が色あせることを前提にデザインすべきなのだろう。
あるいは、月日が経っても色あせない「赤色」インクが開発されるといいのだが、それは難しいのだろうか、それとも、開発されていても高コストなのだろうか。

|

«【あったらいいもの】老人の気持ちを理解するためのAI