« A vending machine with optical illusion wrap (in Japanese: 錯覚ラッピングが施された自動販売機) | Main

December 06, 2018

Two-dimensional code distributed in three-dimensional space (in Japanese: 三次元空間に分配された二次元コード)

This artwork was prepared for the exhibition “Science x Art --- the shape of technology” open November 17, 2018 through January 6, 2019 at Hitachi Civic Center in Hitachi, Ibaraki, Japan.
At first sight it looks like a group of randomly positioned balls, but if seen from a specified position in 3D coordinate, you can find a QR code there. You can also decode the code with your smartphone camera.
For some of you who wish to come, see and try this installation, I distracted the best view of the code in the video.

[in Japanese] この作品は「サイエンスxアート 〜テクノロジーのかたち〜」展のために制作しました。茨城県日立市にある日立シビックセンター1Fに、2018年11月17日から展示されています(2019年1月6日まで)。
一見すると、黒い球体がランダムに散りばめられているように見えますが、特定のポイントから見たときだけQRコードになります。スマートフォンのQRコードアプリを使えば、QRコードを読み取ることができます。
実物を見て試したい方々の楽しみを取っておくために、このムービーでは、QRコードがきれいに見えるシーンを見えにくく加工してあります。

« A vending machine with optical illusion wrap (in Japanese: 錯覚ラッピングが施された自動販売機) | Main