« October 2017 | Main | April 2018 »

November 16, 2017

Apparent and latent (in Japanese: 見せる顔、見せない顔)

Happyunhappy_1600_withcopyright

This mosaic picture (Click to enlarge) shows four faces made from head images photographed from different directions.

Apparently, two of the four faces look happy, and the rest two look boring.

When looked into in detail, one of the two happy faces is composed of happy heads, whereas the other composed of boring heads. This also applies to two boring faces.

[in Japanese] このモザイク画(クリックで拡大)には4つの顔が描かれており、それぞれの顔はさまざまな角度から撮影された頭部画像で構成されている。

4つの顔のうち2つの顔は笑顔で、2つの顔はつまらなそうな顔である。

拡大してよく見ると、2つの笑顔のひとつは笑顔の頭部でできており、もう片方の笑顔はつまらなそうな頭部でできている。つまらなそうな2つの顔も同様に、笑顔の頭部とつまらなそうな頭部でできている。

November 12, 2017

Logo for the office of equality and diversity (in Japanese: ダイバーシティ推進室のロゴ)

Iudiversity

In January 2017, I entered a competition for the logo of newly found office of equality and diversity (I could not won the competition). In the logo are shown men and women of young and elderly. They cooperate in saying IBARAKI (the name of a district in Japan where the competition was held). To put it in detail, the shapes of their mouths represents the vowels (I, A, A, I), and the consonants (B, R, K) are shown explicitly.

[in Japanese] 2017年1月に、新設されるダイバーシティ推進室のロゴ募集に応募した(入選しなかった)。応募したロゴには、老若男女が表現されている。老若男女が「いばらき」と言っている様子を描いている。口のかたちが母音(I、A、A、I)を表わし、子音(B、R、K)はそこに示されている。

November 11, 2017

Logo for NOLTA (in Japanese: NOLTAのロゴ)

20150903_nolta_logo

In September 2015, I entered a competition for the new logo of NOLTA (I haven't won the competition). NOLTA is a society of researchers in the field of nonlinearity studies.

In my logo design above, I tried to express nonlinearity by curved lines. Also, the shape as a whole looks like a creature searching eagerly for something. I thought of searching as researching for the truth.

[in Japanese] 2015年9月に、非線形問題を研究するグループ (NOLTA) の新しいロゴのコンペに応募した (入選しなかった)。

上のデザインは、曲線で非線形性を表現した。図形の全体像は、何かを熱心に探し求める生きものを思わせる。その探し求める姿を、真実を求める研究になぞらえた。

November 04, 2017

The Future of Ammonite (in Japanese: アンモナイトの未来)

Installation of a hybrid image titled "The Future of Ammonite" at the art space specially assembled at Kujihama beach in Hitachi, Ibaraki, Japan through 29 July and 20 August, 2017. When viewed from far it appears to be an ammonite, while viewed from near it's an octopus. For extinct ammonites, present is the future, and they are thought to be closely related to today's octopuses.

[in Japanese] 2017年7月29日から8月20日にかけて、茨城県日立市の久慈浜海水浴場に特設されたアートスペース「アートビーチくじはま」で展示されたハイブリッド・イメージである。タイトルは「アンモナイトの未来」。古生物アンモナイトは、巻き貝のような殻から受けるイメージとは裏腹に、タコやイカと同じ頭足類に分類される。この作品は、観察者との距離を時の隔たりに対応づけ、“遠い”過去を見ると古生物アンモナイトが浮かび上がり、“近く”で見ると“いま”生きているタコが見える。アンモナイトが生きた時代の未来が“いま”である。過去と、その未来である現在を、ハイブリッド・イメージで表現した。

« October 2017 | Main | April 2018 »